有機と無農薬野菜について

TOP>>有機野菜と無農薬野菜について

有機野菜&無農薬野菜について



少しばかりの小さな小さな畑で家庭菜園をしています。 極力、有機の堆肥がたっぷりの土を使い、肥料も有機のものを使うように心がけています。 でもやっぱり楽をしようと時には化学肥料を使ってしまいますね。 私の家庭菜園で作る野菜たちは完全有機野菜ではないですが、それでも相当おいしいですよ。 新鮮な有機野菜はそのもの本来の甘さを味わえるって聞いたことないでしょうか?もし有機野菜の本当の甘さや美味しさにご興味あれば一度、宅配食材を利用して体感してみみてはいかがでしょうか?

有機野菜って何?
有機野菜の定義はご存じでしょうか?実は有機野菜と名のるには、相当厳しい基準があるんです。
種まきまたは植付け前2年以上の間、農薬はもちろん化学肥料を避けていなければいけません。 
2年以上ということは、土壌に微量の農薬や化学肥料が残ってない状態のようです。 
ですので基本自然の堆肥などで土づくりをした土壌で作られた農作物が有機野菜と認められます。 
この有機野菜を認めるのは国であり、認められれば登録認定機関によって有機JAS認定が取得できます。 有機であることが国に認定されれてはじめて「有機JASマーク」を表示できるんです!
ですので、それ以外の野菜等の作物にを「有機」や「オーガニック」の言葉を表示することは許されないんですよ。
中には「有機JASマーク」の表示なく「有機野菜」や「オーガニック」野菜を名乗る悪徳な業者もいますのでご注意を!有機野菜をご購入の際には念のため「有機JASマーク」を確認してからの方が良いですね。ちなみに有機JAS基準は、IFOAMという国際的な民間団体が作った有機栽培基準及び国際的な公的機関のCODEX(国際食品規格委員会)の基準が元となっています。
有機野菜として販売するには、かなり厳しい基準をクリアしなければいけないんですよね!


有機肥料と化学肥料って?
 肥料は大きく分けると「有機肥料」と「化学肥料(化成肥料)」の2種類があります。
有機野菜を作るために認められている肥料は「有機肥料」のみ。「化学肥料」の使用は認められていません。
有機肥料というのは自然由来の成分だけから出来ている肥料で、野菜を安心・安全に育てます。
さらに有機の肥料を使うことで野菜本来の美味しさを引き出し、美味しくできると言われています。
それに対して化学肥料は、それぞれの作物の特長に合わせて、人間が化学工程を経て作る肥料のことで、より簡単に野菜栽培が可能です。
一言それぞれの特徴をまとめると
有機肥料 = 安心・安全で美味しい野菜ができるが栽培に手間暇がかかる
化学肥料 = より簡単によりスピーディーに野菜栽培が可能。ただ使い過ぎると安全面に不安も

無農薬野菜って?
無農薬野菜とはその作物が栽培されている期間に一切農薬が使われていない物のことを言います。
有機野菜ほどの厳しい基準ではありません。(ちなみに有機野菜とは、種まきまたは植付け前2年以上の間、農薬&化学肥料が使われていないとの厳しい基準があります)
有機野菜と大きく違うのは、栽培する土壌までを考慮するかどうか。
有機野菜の認定を受けるには、野菜を栽培するための土壌に過去に使用した農薬や化学肥料の成分が残っていないかまでが対象になるので、とても厳しいですが無農薬栽培は野菜栽培の土までは対象になってはいません。
それでも野菜作りを経験したことのある方ならお分かりだと思いますが、無農薬で野菜を育てるのもとても手間暇かかります。

私自信は趣味程度ですが家庭菜園をしています。
家庭菜園では出来るだけ農薬は使わない栽培を心掛けていますがシソやチンゲンサイなど虫が付きやすい物については、どうしても少量ですが家庭菜園用の農薬を使ってしまいます。
家庭菜園レベルでも無農薬栽培はたいへんですので、無農薬野菜のありがたさがよ~く分かります。

有機・無農薬野菜の宅配サービス
以上のように「有機野菜」と「無農薬野菜」って別物なんです。
特に「有機野菜」表示して野菜を販売するには厳しい基準が設けられています。
だから安心・安全が保障されているんですよね。

ただ、有機・無農薬野菜ってそれだけ手間暇かけて作るのでお値段がお高め・・・。
そんな中、「大地を守る会」「らでぃっしゅぼーや」「オイシックス」などの食材宅配サービス会社がよりお求めやすい価格で、より手軽に有機・無農薬野菜を宅配するよう企業努力を重ね、近頃では食への安全の意識の高い人中心に需要が増えてきています。


↑ PAGE TOP