サニーレタス|プランター栽培のコツ

TOP>>プランター栽培のコツ>>サニーレタス

サニーレタス(リーフレタス)プランター栽培のコツ


サニーレタス(リーフレタス)は、レタス類の中では生育期間も短く作りやすい種類です。
プランターから収穫して、そのままサラダに。 新鮮な味や彩りを簡単に楽しめます。
種まき : 3月中旬~10月中旬  苗の植え付け : 3月下旬~10月下旬 
収穫 : 5月中旬~12月下旬  (地域・気候や品種により多少異なります)

1-準備≪プランターと用土≫

土をプランターへ入れます。 土の量はウォータースペースまで入れます。
(ウォータースペース : プランターの内側にある印。印のないプランターもあります。)
深さがあるプランターの方が良いですが浅くても特に問題ありません。

2-肥料≪元肥・追肥≫

元肥(もとごえ) : 種まき前に土にたっぷり肥料(元肥)を入れて土を混ぜます。 
追肥(ついひ) : 種まきから2~3週間毎に一度、肥料を土の上(株元)に追加します。
ご使用の土によっては元肥が不要な場合もあります。ご使用の用土、肥料の説明書をご覧ください。

3-種まき

プランターに入れた土の表面を軽く指で押さえ、小さな穴を作ります。
標準プランターなら、真ん中に10~15cm間隔に穴を作ります。
その穴に種を3~5粒ずつ、まきます。種が隠れる程度に軽く土をかぶせます。
(厚く土をかけると発芽しにくくなります。)
種が隠れる程度に軽く土をかぶせ、手のひらで押さえ種と土を密着させます。
風通しの良い場所を好みますので種まき後は冷涼な場所へ。

4-間引き

15~20度位の気候が生育に適した温度です。
水は土が乾けばたっぷりと。
発芽後は本葉が2~3枚になり、混み合ってくれば間引きをはじめます。
最初の間引きでは、1ヶ所1本にせず、2本ほど残して間引きましょう。
最初の間引きから2週間ほどで、株間が窮屈になり始めると1本ずつ残し間引きします。

5-収穫

葉が大きく広がれば収穫開始。外側から1枚ずつ収穫しましょう。


プランターでもしっかり収穫できます。
外側の大きな葉だけ収穫し、中は残しておけば、新しい葉が出てまだまだ収穫可能!

サニーレタス栽培その他
病気外注はアブラムシ・ヨトウムシ・ナメクジに注意。
乾燥に弱いため水管理は慎重に。

↑ PAGE TOP