野菜作りの肥料について

TOP>>野菜栽培の豆知識>>野菜作りの肥料について

野菜作りの肥料について

肥料の3要素

肥料の3要素ってご存知でしょうか?  植物に必要な養分は16要素って言われています、その中で必ず補給しなければいけない栄養素が「肥料の3要素」です。

その3要素とは、N(窒素)、P(リン酸)、K(カリ)です。

この3要素に続くのがカルシウムとマグネシウムで、合わせて「5要素」と言いますが、今回は必ず必要な3要素の説明です。

N(窒素)は、葉や枝を成長させる要素。

茎、葉、枝の成長を促す窒素は3要素の中でも特に大量に必要です。

葉茎菜類の収穫には大きく影響する養分です。

不足すると成長が遅れ、多すぎるとひょろ~と葉や枝ばかり伸びて実が付きにくくなったりします。
(当ショップの肥料はプロが配合しているので、そのような心配無用)

P(リン酸)は、花の開花や結実を促す要素。

生育期に多く必要な養分で、不足すると花つき、実つきが悪化します。

野菜作りには、とても大切な養分です。

K(カリ)は、根を強くする肥料です。

根の発育に欠かせない養分。葉茎菜や根菜で不足すると味が落ちます。

また多くの野菜にとって根を発育させることは耐寒性、耐暑性を高めることにもなります。

当ショップの肥料も一般に市販されている肥料も、N・P・Kのそれぞれの含有率(%)は、表示されていますが、栄養素を見ながら肥料を選ぶのも大変。


有機肥料と化学肥料

肥料には「有機質肥料」と「化学肥料(無機肥料)」があります。

有機質肥料とは、動物や植物など生物をもとにして作られた肥料のことで化学物質は一切含まれておらず、ゆっくりと長く効果が続くことや、肥料を与えすぎても肥料やけを起こすことが無く、土壌改良にも良いことなどから特に家庭菜園では人気です。

特に有機野菜の栽培には欠かせない肥料です。

ただ、即効性が無いことや、臭いがあることなどで敬遠される方もおられます。

それに対し化学肥料は、肥料成分のバランスを考えられて化学合成された肥料のこと。

無機質肥料は、効果の即効性があり、肥料成分も植物に合わせて配合され、臭いもなく手を汚すこともないことなどから初心者や女性に特に人気です。


元肥と追肥

「元肥」 (もとごえやもとひ)と呼びます。

植物の苗の植え付け時あるいは、植え付け前に土に混ぜ与える肥料のことです。

植物が生育期間中に必要とする肥料の半分くらいを元肥として施してあげます。

小さな苗が成長するために最初に必要な肥料。

土全体に混ぜてから植物を植える方法と溝や穴を掘り、そこに肥料を入れ、直接植物の根に肥料が触れないように土を少し被せてから植物を植える方法が一般的。

次に「追肥」(ついひ)。

植物が生育する過程で、必要に応じて追加で与える養分を追肥といいます。

一般的に、元肥は1ヶ月程度で切れるものが多いため、その頃から追肥を行います。(植物やその他環境で変わってきますが・・・。)

植物は生育中ですので土を掘って肥料を与えるわけにいかないため、植物の足元にばらまき、土と軽く混ぜ合わせます。

↑ PAGE TOP